Online Store

Profile

コケティッシュに、エレガントに、コミカルに、ディープに。
~多彩な表現力のボーカリスト~

5歳より東京放送児童合唱団に所属し「ワンツーどん」「笛はうたう」「うたってゴ―」等、NHKテレビ番組にレギュラー出演の他、ラジオ音楽番組に多数出演。
早稲田大学卒業後、米バークリー音楽大学に留学。ボストン、ニューヨークでジャズ歌手として活躍し、2003年帰国。

第5回神戸ジャズボーカルクィーンコンテスト 準グランプリ (2004年)、第2回さいたま新都心ジャズボーカルコンテスト グランプリ (2007年)、吉祥寺音楽祭吉音コンテスト グランプリ(2008年)受賞。

ジャズ歌手としては、’05年よりピアニスト、スガダイローと結成した”Phase DUO”で、現在までに3枚のCDと、1枚のライブDVDを発表。「普通の曲が普通じゃない」ジャズは大きな反響を呼び、’12年には日本最大のジャズフェスティバルの一つ、”UENO JAZZ INN”にて満場のスタンディングオベーションを浴びた。

一方、‘03年から継続する、ギタリスト助川太郎とのブラジル音楽ユニット「メヲコラソン」では、オリジナル日本語ボサノバから、本格的な古典サンバ まで幅広く歌いこなす。7年連続ソールドアウトの、夏の「なま音ホールコンサート」は人気企画となり邦人最高峰のブラジル音楽ユニット(by ディスクユニオン)と称されている。

’17年7月、初のソロ名義アルバム「Carta~手紙~」を発表。ピアニスト佐藤浩一をアレンジャーに起用しジャズ・ブラジル・邦楽をミックスした選曲でEMiKO VOiCEワールドを展開。

’19年8月、米人ピアニスト、フィリップ・ストレンジとの共同プロデュースによる、初の正統派ジャズボーカルアルバム「Blackberry Dreams」をリリース。

EMiKO VOiCEプロフィール画像

Projects

メヲコラソンイメージ画像

メヲコラソン

EMiKO VOiCE(ヴォーカル)と助川太郎(ギター)によるブラジル音楽ユニット。ブラジル音楽への愛情とその応えを作品として発表し続けている。2003年より活動。

トレス・パッサリーニョスイメージ画像

トレス・パッサリーニョス

日本では稀な女性三人によるボサノバコーラスグループ。和製カルテットエンシーを目指し、繊細緻密なアレンジを華やかなコーラスワークで歌う。2019年より活動再開。クラウドファンディングを募り2019年11月に1stCDをリリース予定。

TEAイメージ画像

TEA

尾花毅(7弦ギター)鈴木厚志(ピアノ)とのブラジル音楽トリオ。サンバ、ボサノバ、ショーロを中心に演奏。2017年~。

EMYANA(エンヤナ)イメージ画像

EMYANA(エンヤナ)

柳原由佳(ピアノ)とのDuo。ブラジル、アルゼンチン、メキシコなど南米中米の音楽を中心に演奏する。女性二人とは思えない迫力のグルーブと心地よいサウダージのある音楽。急成長中のユニット。2018年~。

Lesson

  • ジャズ
  • ボサノバボーカル
  • スキャット
  • 発音(英語・ポルトガル語)
  • ボイストレーニング等

詳しくはE-VOICE Laboまで。